ほんわか手芸

手芸上手はイベント開催に必須人材!

会社でイベントを仕切ることになったり、仲間内で何かやることになったら、まず普段はちょっと控えめな、「手芸の達人」を探しましょう。「友達の妹」とか、「近所のお母ちゃん」とか、ちょっと探すと必ず上手にものを作ってくれる方が見つかります。
こういう方は、あまり外に出るタイプではありません。仲間でワイワイやるのが好きではなく、お部屋で可愛いものをちょこちょこ作って楽しんでいるので、社交派とは活動時間や場所が重ならないのです。でも人づてに聞いてみてもらうと、見つかります。かなりの数の手芸上手が、日本にはいらっしゃいます。
ちょっとしたアイテムを作ってくれたり、アイデアを出してくれたりと、インドア派ならではの意見を引き出すことで、これまでとは趣の違ったイベントにすることが出来るでしょう。
お手伝いをしてもらったら、お礼をしましょう。粗品でも結構ですが、その方の趣味の材料になるものを添えて差し上げると、喜んでくださいます。

手芸イベントは楽しい時間

趣味で手芸を楽しむ方の中には、自分の物だけでなく、大小の手芸イベントに参加して、作品を販売している方も珍しくありません。イベントには出展料が必要な場合が多いですし、購入してもらった商品を持ち帰ってもらうためのラッピング材料などイベントならではの出費もありますが、同じようなスタンスで手芸を楽しむ人達と出会う事ができますし、何より商品を購入する人から直接、作品に対するコメントがもらえるので、今後の活動のモチベーションにも大きく関わってきます。またイベントでは、大型店やメーカーも出展している場合もあるので、最新の生地やグッズを手に取る事ができますし、専門雑誌などの取材を受ける事により、作家として注目されるケースもあります。
勿論、出展するほどではなくても、様々な作品を見る事により、創作意欲が刺激されたり、充実した買い物をする事ができるので、手芸愛好家に取って、とても楽しい時間を過ごす事ができます。

おすすめWEBサイト

Last update:2016/12/26